営業時間は10:30~19:30

ウェデイング、会場装花、いけこみ、ディスプレイ、生花、アート、プリザーブドフラワーアレンジオーダー、お花の事ならおまかせください

東京立川・国立・国分寺・草月流いけばな・フラワーアレンジメント教室 オーダー アトリエクリスタルローズ

人気記事

レッスンスケジュール

アトリエクリスタルローズブログ

お月見のアレンジメントといけばな

 
アトリエクリスタルローズブログカテゴリー
この記事を書いている人 - WRITER -
フラワースクールアトリエクリスタルローズ代表。 20代前半からお花の世界に入門して早25年。草月流いけばな、フラワーアレンジメント、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーとお花の全ての資格を持っています。草月流1級師範、日本フラワーデザイナー協会(NFD)講師、プリザーブドフラワー芸術協会講師、審査員。アーティフィシャルフラワー花びらメイキング講師。外部出張レッスンや会場装花、いけこみ等もしております。
詳しいプロフィールはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
昨日は十五夜。
少しだけきれいなお月様を楽しみました。

十五夜はいつになるのか?
旧暦では
1月~3月が春 4月~6月が夏 7月~9月が秋 10月~12月が冬
現在の新暦は旧暦と1~2か月のずれがあるため、「9月7日から10月8日の間で、満月が出る日」を
十五夜になります。
今年は2018年の十五夜:9月24日(月)来年は2019年の十五夜:9月13日(金)

十五夜は日本では太古の昔から月を神聖視していて縄文時代には月を愛でる風習があり
十五夜の月見が盛んになったのは、貞観年間(859~877年)ごろに中国から伝わり貴族間に広まりました。
貴族たちは月を見ながら酒を酌み交わし、船の上で詩歌や管弦に親しむ風流な催しだったそうです。

また庶民も広く十五夜を楽しむようになったのは、江戸時代になってからの様で
貴族のような宴席でははなく収穫祭や初穂祭の意味合いの日でもあったようです。
十五夜のころは稲が育ち、間もなく収穫が始まる時期でもあり無事に収穫できる喜びを分か合う感謝の日でもあったようです。
~文章は「四季の美」さんから一部引用させて頂いております~

お月見と言えばススキとお団子。
ススキは魔除け、お団子はお月様に感謝の意味がありお供えされるようです。
昨日のお月見はお楽しみいただけましたか?

こんな感じでいけばなを学びながらお月見の歴史など考えながらお花を飾ったりして
四季を楽しむことが出来ます。

 

お教室のレッスンの内容やコースを知りたい方はこちらをご覧ください
お教室のレッスン内容はこちら

レッスンのご予約
レッスンのご予約

ブライダル、イベント等のご相談はこちらから
お問合せ、ご依頼

お忙しくてレッスンにお越しに慣れない方やお急ぎの方はお好きなイメージ、ご要望に合わせてお作りするオーダーメイドアレンジメントギフトネットショップもございます。
アトリエクリスタルローズオーダーメイドショップ

●LINEからのオーダーのお問い合わせ
・レッスンのご予約も出来ます。

友だち追加数

RESERVA予約システムから予約する

●インスタグラム クリスタルローズ
Instagram

【今月のプリザーブドフラワーアレンジメント】
ブラック&パープルのハロウィンアレンジメント

ハーバリウムレッスン

【今月のフラワーアレンジメント】

アーティフィシャルフラワーの大人可愛いリース
季節を問わず飾れるナチュラルリース

 

この記事を書いている人 - WRITER -
フラワースクールアトリエクリスタルローズ代表。 20代前半からお花の世界に入門して早25年。草月流いけばな、フラワーアレンジメント、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーとお花の全ての資格を持っています。草月流1級師範、日本フラワーデザイナー協会(NFD)講師、プリザーブドフラワー芸術協会講師、審査員。アーティフィシャルフラワー花びらメイキング講師。外部出張レッスンや会場装花、いけこみ等もしております。
詳しいプロフィールはこちら